アンビリバボー 腹話術師ダルシー・リン【動画】優勝賞金1億円超え!アメリカズ・ゴット・タレント!

スポンサーリンク

フジテレビ系列「奇跡体験!アンビリバボー(2018年11月1日放送)」では、引っ込み思案を治すために2年前から腹話術を始め優勝賞金1億円を超えるアメリカのオーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント(America’s Got Talent・AGT)シーズン12(2017年)」に出場した、12歳(当時)の天才腹話術師ダルシー(ダーシー)・リン(Darci Lynne)ちゃんが相棒のウサギ人形のペチュニアと「サマータイム」をユーモラスにデュエットし、会場を沸かせシード権を獲得し、決勝戦では、腎臓の機能不全から立ち直ったアンジェリカちゃん(当時9歳)退け見事優勝した奇跡が紹介されます。

スポンサーリンク

ダルシー・リンの動画

こちらが全米各地でプロデューサーが分担して行なう一般選考を経て審査員によるオーディション後に行われる最初の審査員によるステージパフォーマンスのオーディション動画です。

「アメリカズ・ゴット・タレント(America’s Got Talent・AGT)は、審査員によるオーディション、準々決勝、準決勝、決勝、フィナーレの4段階で優勝者が決まります。

いや~本当にパペットのペチュニアが歌てるみたいで、時折顔を合わせたり、歌いかけたダルシーちゃんの口を塞いで結局ペチュニア自分だけで歌い通すとかパフォーマンスが計算されています!

何よりダルシーちゃん・・・いやパペットのペチュニアの?ファルセット(裏声)の高温の伸びが倍音が出ていてゾクゾクします!

審査員の驚いた表情も面白いです。

まず白いTシャツの男性がこの番組のプロデューサーであり、音楽プロデューサーのサイモンです。

※SIMON(Simon Philip Cowell サイモン・コーウェル )

この人、以前アンビリバボーでフィリピンのショッピングモールの電気屋のカラオケで歌った動画がSNSで拡散し、アメリカのオーディション番組Xファクターに出場しプロ歌手としてデビューし、貧乏のどん底から抜け出したゼンディ・ローズの奇跡う紹介したのですが、そのXファクターでも審査員をしていた人です。

この人って好き嫌いがはっきりしていて顔に直ぐ出てしまいます(笑)

今回は、もう驚きの表情しかありません。

また、黒人の審査員ですが、日本でも1990年台に”Wannabe”が大ヒットしたイギリスのスパイス・ガールズのメンバー・スケアリー・スパイス(Scary Spice)ことメラニー・ブラウンでソロでは、Mel B(メルB)と名乗っています。

※MEL B(メラニー・ブラウン Melanie Janine Brown)

スパイス・ガールズは、ロンドンオリンピックで再結成し、閉会式では代表曲”Wannabe”を歌っていましたね♪

もうメルBは、ダルシーちゃんに心を奪われ

素晴らしすぎる
貴方は私の心を溶かしてしまった

などありとあらゆる言葉で称賛しました。

そして、最後にテーブル真ん中のボタンを叩くと、ステージに金の紙吹雪が舞うわけですが・・・

ダルシーちゃんが優勝した訳では有りません・・・

これはゴールデンブザーと言うシステムで、このゴールデンブザーボタンを審査員の誰かが押すと、パフォーマーは次のオーディションをスキップし、準決勝に進むシード権を獲得し、ライブ・ショーに出演出来るシステムです。

ゴールデンブザーを押す権利は4人の審査員が各1回だけ押すこと出来、他の審査員が駄目評価をしてもそのゴールデンブザーが押されるとパフォーマーは問答無用で準決勝に進む事が出来るのです。

こうしてダルシーちゃんは次のオーディションをスキップし、一挙に準決勝に進出して、ラスベガス・ストリップで行われるライブ・ショーに出演する事になりました。

審査員のインタビューでもちょろっとダルシーちゃんが語っていますが、ダルシーちゃんは、幼い頃から歌うことが大好きでした。

にもかかわらず引っ込み思案で、人前に出ると極度の緊張から何も出来なくなってしまうシャイな性格でした。

そこで母親が考え出したのは、少しでも人前に出ることに慣れるようにと、コンテストい出場して殻を破る事でした。

母親のプランは成功し、圧倒的なパフォーマンスでAGTの舞台に立ち称賛を浴びるのでした。

スポンサードリンク





名曲Summertime(サマータイム)を歌う

ダルシー・リンちゃんが歌ったのは、1935年9月に初演されたオペラの”Porgy and Bess”(ポーギーとベス)の挿入歌Summertime(サマータイム)でした。

この曲は、オペラの歴史史上初の黒人が主役に選ばれ、アメリカ南部の港町にある黒人居住区が舞台になっています。

オペラの第1幕冒頭で、生まれたばかりの赤ん坊に歌われるブルース調の子守唄です。

後にビリー・ホリデイ、エラフィッツジェラルドなどがカバーし、JAZZやブルースのクラシックとして受け継がれています。

またロック描いではジャニス・ジョプリンが歌詞をアレンジし大ヒットされMOVE OVERと同様ジャニス・ジョプリンの代表曲になりました。

それにしてもダルシーちゃんのお婆ちゃんの世代の曲なのに見事に可愛く情熱的に歌いこなしている所が凄いです。

AGTとは

AGTはNBCテレビネットワークのリアルオーディション番組で、歌、ダンスのみならず、コメディーやマジック、さらにスタントなどのあらゆるエンターテイメントのジャンルからパフォーマーが出場し優勝を争います。

その優勝者には100万ドル(約1億13,23万5,000円・2018年10月のレート)が与えられます。

支払いは1回で支払われる以外に分割で長期の受け取りが選べます。

オーディションは、全米各地でプロデューサーが分担して行なう一般選考を経て審査員によるオーディション、準々決勝、準決勝、決勝、フィナーレの4段階で優勝者が決まります。

決勝前に、ライブパフォーマンスを争うラスベガス・ウィークと呼ばれるライブショー形式のオーディションがラスベガス・ストリップで行われます。

オーディションは、約半年に渡り、ダルシーちゃんが参加したAGT12は、2017年5月30日~2017年9月20日の約5ヶ月かけて行われました。

決勝を含むライブの動画

ダルシーちゃんの現在

ダルシーちゃんは放送されたNBCからオファーが有り、NBCの “Little Big Shots”の出演や、Food Networkの “Kids Baking初日のクリスマス特集「ダーシー・リン:私の故郷のクリスマス」などに出演しました。

そして、現在”Darci Lynne and Friends Live”と題して友達のパペット達と腹話術のライブショーを行い全米ツアー中です。

まとめ

アンビリバボーで紹介されたら日本中で人気者になると思うので日本でもツアーを行って欲しいです。

その時は、以前アンビリバボーで紹介したゼンディ・ローズさんがスタジオでライブを行った様にダルシーちゃんもスタジオに呼んでパフォーマンスを演じて欲しいです。

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク