真つぶ貝& 灯台つぶ貝 通販/お取り寄せ!食べ方や毒を除くさばき方!青空レストラン 8月11日@北海道様似町日高

スポンサーリンク

今ま食べていたツブ貝エゾボラが実はそれっぽい似た貝エゾボラモドキで、本物の本真つぶ貝(エゾボラ)は1個2500もする高級食材で回転寿司で提供されているツブ貝とは違う!?

と知ったのでシェアします。

本物のエゾボラは、「真つぶ貝」と呼ばれ、日テレ系「満天☆青空レストラン」(2018年8月11日放送)では、MC宮川大輔さんとゲストの演歌歌手・氷川きよしさんが北海道様似町(さまにちょう)日高沖で「真つぶ貝(本真つぶ貝)」を狙いつぶ貝漁に挑戦します!

肉食の真つぶ貝の漁に使われる餌はイカ、カニ、イワシなどで、超贅沢に太っており食感は、プリプリでありながら噛むとコリコリ!

しかも大きいのに大味では無く甘み旨味がタップリ!

今回の青空レストラン公式通販では「真つぶ」と「灯台つぶ」も「北海道様似町 つぶ貝セット」が販売されます。

スポンサーリンク

「真つぶ」と「灯台つぶ」通販/お取り寄せ

「真つぶ」とは、正式和名は「蝦夷法螺(エゾボラ)」で、その和名の通り、蝦夷地(北海道)のユネスコ世界ジオパーク「アポイ岳」を望む北海道様似町(さまにちょう) の豊かな海「日高沖」で収穫される巨大な「つぶ貝」の一種で大きいもので1kg近くまで成長します。

甘みと旨味がウリで「つぶの王様」と称されコリコリした食感と、身を噛めば噛むほどに広がる濃厚な旨みが特徴で高級料亭(高級寿司店)で取り扱わており、年々収穫量が減少しているのもあり価格が高騰し、1個2500円の値段をつけた事も有ります。

「つぶ」は、エゾバイ科の巻き貝を指し、北海道には、50種類以上のつぶが生息しており、中でも様似町で水揚げされる「本真つぶ」の旬は、4~7月で、殻の色、身の色、味、食感において高く評価されています。

真つぶは、イワシやカニなどの餌を入れた籠を沈め餌を求め籠に入る真つぶを待つ「つぶかご漁業」で漁獲されます。

灯台ツブの通販/お取り寄せ

灯台ツブとは、10~15cm程度で細長くトンガリを上にしたとき、横に平行に筋のような出っ張りがあるのが外見的な特徴で、螺旋(らせん)が灯台のように見えるところか付けられたオオカラフトバイ、ヒモマキバイ、シライトマキバイ、クビレバイなどのつぶ貝の俗称です。

味に関しては、ほんのり甘く、食感は、柔らかくて身がプリプリ、歯応えはそれでいてコリコリとしており、煮ても硬くならなりません。

また、肝まで食べることができる、お酒の肴にもオススメです。

灯台ツブの食べ方

一番のオススメの食べ方は醤油をちょっと入れて網の上で焼く「つぶの壷焼き(つぶ焼き)」です。

つぶの旨味と磯の香りが絶品で、最後に殻の中のお出汁を飲み干す食べ方はオススメです。

スポンサードリンク



「真つぶ貝」は食中毒に注意!

巻貝(ツブガイ)の内臓(唾液腺)のアブラと呼ばれる部分には、テトラミンという神経性の毒がふくまれています。

それは、巻貝が肉食性な為で、テトラミンを使い捕食する魚貝類を一時的に麻痺させるのではと考えられています。

死に至る事はありませんが、テトラミンによる中毒の症状は、船酔いににており、ものが二重に見える、吐き気やふらつくなどの症状が起こります。

発症は食後30分~1時間程度に起こりのですが、回復は個人差にもより数時間以内といわれています。

毒素は、茹ても分解されないので、調理するときに唾液腺を除く必要があります。

購入する場合、アブラを取り除いた調理済みを購入するのがオススメです。

一方「灯台つぶ貝」は、「真つぶ貝」と違い、唾液腺がないので毒素「テトラミン」を持たないの安心です。

「真つぶ」さばき方

「真つぶ貝」のアブラの取り方を含む捌き方の動画を紹介します。

動画【How To】つぶ貝の捌き方(真つぶ貝のさばき方)簡単!これでご自身でも調理できますね!

スポンサードリンク





日高沖

今回青空レストランが開店する北海道様似町で、収穫するつぶ貝(真ツブ)は、日高沖で収穫します。

サマニとはアイヌ語起源で、語源は所説ありますが、「サマムニ(サムンニ)」(倒れ木)、エサマンペッ(カワウソの川)が語源と云われています。

日高沖は、津軽暖流と親潮(千島海流)がぶつかり、北海道でも有数の好漁場で、アポイ岳から流れ出るミネラルたっぷりの水で栄養がたっぷりで日高昆布として流通するミツイシコンブもこの周辺で収穫されます。

真つぶ貝・ 灯台つぶ貝 まとめ

真つぶ貝は、蝦夷地で多く漁獲される高級つぶ貝で蝦夷法螺(エゾボラ)の和名
真つぶ貝は、大きな身が絶品で高級料理店(高級寿司店)で取り扱われている
真つぶ貝の食感はコリコリしてる
真つぶ貝の身は、噛むほどに濃厚な甘みが広がる
様似町で水揚げされる「本真つぶ」は、殻の色、身の色、味、食感において群を抜いて高く評価れている
灯台ツブは、らせんが灯台のように見えるオオカラフトバイ、ヒモマキバイ、シライトマキバイ、クビレバイなどのつぶ貝の俗称
灯台ツブの味は、ほんのり甘く、食感は、柔らかくて身がプリプリ、歯ごたえがコリコリとしており、煮ても硬くならない
灯台ツブは、肝まで食べることができる
灯台ツブは、「真つぶ貝」のと違い、唾液腺がないので毒素を持たない

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク