【媛かぐや】里芋の通販/お取り寄せ&芋たきレシピの鯛だし醤油@愛媛県今治市【青空レストラン】

スポンサーリンク

毎週土曜日のお楽しみにしてるMC宮川大輔さんが全国の美味しい食材を紹介する日テレ系列「満天☆青空レストラン(2018年11月10日放送)」について紹介します。

今回の青空レストランは、今の11月が旬の始まる愛媛県今治市の里芋「媛かぐや」をゲストのお笑いコンビ「フットボールアワー」の岩尾望さんと後藤輝基さんのお二人と収穫します。

愛媛県では、秋の風物詩として河原で里芋の鍋で頂く「いもたき」と呼ばれる行事があるほどで、里芋の出荷量が、全国第5位を誇ります。

驚くべきはその大きさで、「媛かぐや」まるでタケノコの様な形に大きなモノで50センチにも及ぶ里芋です。

里芋と言えば和食の煮物のイメージが強いですが、「媛かぐや」は里芋というよりサツマイモです。

今回のレシピで紹介される「媛かぐやのモンブラン」の様にスイーツの主役にもなり得る食材なのです!

しかも食感はサツマイモの様にホクホク!

里芋なのにサツマイモみたいなんて気になりませんか?

青空レストランの公式通販では、
「」の青空レストラン番組特別セットがお取り寄せが出来ますよ。

スポンサーリンク

芋「媛かぐや」とは?

「媛かぐや」とは、「2010年(平成22年)に、日本で初の人工交配により生まれた新種の里芋です。

人工交配には

・筍芋(タケノコモ/京いも)
→京いもの一種で、名の通り、地上に頭を出している姿が筍に似ている里芋

※「京いも」から京都産の芋を連想しますが宮崎県が産地で、宮崎の業者が京都に立ち寄り食べた精進料理に使用された里芋が大変美味し方事から「この京都の料理にあやかりたい」との思いから「京いも」名乗る様にになりました。

・唐芋(カライモ/えび芋)
→コチラが本来の京都の里芋で、海老の様な丸まった種類の里芋
肉質はきめ細かく、ねっとりとした食感で、煮崩れしにくく食味に優れている

の2種類が選抜されました。

交配すると言っても里芋は開花する品種が限られている為、交配による品種育成が難しい農作物です。

そこで、植物ホルモンのジベレリンを処理する事により開花させ交配の第一段階が開けるという困難な作業が平成5年から始まり、平成22年、日本で初の「人工交雑品種」としての里芋「媛かぐや」が誕生しました。

「媛かぐや」名前の由来は?

「媛かぐや」の名は、一般公募より選ばれました。

まず、愛媛で育成した品種という意味で「媛」が選ばれました。

そして交配の元となった「筍芋(タケノコイモ)」の文字から「竹」から生まれた子供で「かぐや姫」が連想されました。

その結果、「姫」と「かぐや」がを組み合わされて「媛かぐや」と名付けられました。

スポンサードリンク





大きい!

親芋の部分は、元となった「筍芋(タケノコイモ)」の様な紡錘型の筍芋タイプです。

その長さは、約30cm以上も有り、大きなモノでは、50cmにまで成長する事もあります。

重さに関しても例外ではなく、1~1.5kgを超える事もあります。

味や食感

味の特徴は、通常の里芋に比べサツマイモに近い食材で、肉質は粉質で甘みがあり、食感がホクホクでスイーツにも向いています。

また煮物にしても煮崩れしないという里芋本来の良さも残っています。

里芋は「親芋」が中心となり、そのまわりに子芋、孫芋、ひ孫芋と1つの種芋から沢山の芋が生えてきます。

その事から、親から子、子から孫へと続く事が連想され、子孫繁栄の縁起物としてお正月料理としても使われています。

里芋は、品種により親芋、小芋、孫芋など食べる種類が異なるのが特徴です。

「媛かぐや」の場合、「親芋」と「子芋」が食べられますが、主に食されるのは巨大な筍の様な「親芋」の部分です。

それだけでなく、子芋と里芋の茎である紅色のズイキ(芋茎/ずいき)も食べられます。

スポンサードリンク





「媛かぐや」の旬

「媛かぐや」の旬は11月上旬~12月中旬で、11月以降に収穫される晩生品種の農作物です。

背景

愛媛県では、河原に集まり「里芋」や地元野菜を大鍋に大量に入れて煮込む宴会「いもたき」が秋の風物詩となっています。

中でも「いもたき」に使われる「里芋」として、甘く煮崩れしないなどの理由から人気なのが愛媛県・伊予のブランド里芋「伊予美人」です。

「伊予美人」は、2008年2月に「愛媛農試V2号」として登録された品種です。

その特徴は・・・

・甘みがある
・白くきめ細やかな肉質
・ねっとり、柔らかで粘り強い
・煮くずれし難い
・味にクセがない

などが有ります。

しかし、食の多様化への対応が産地や生産者から愛媛県に対し起こり始めました。

そのリクエストに呼応して、新たな愛媛県のオリジナルの品種育成が始まりました。

愛媛県農林水産研究所が主体となり、「伊予美人」とは、異なる食味や形状、利用方法を想定して新種の里芋の
研究が始まりました。

その結果誕生したのが「姫かぐや」です。

青空レストランで紹介される「媛かぐや」レシピ

・バターポン酢ステーキ
・塩麹唐揚げ
・ポタージュ

「媛かぐや」のスイーツとして人気の「媛かぐやのモンブラン」のレシピを地元のサイサイカフェスタッフの今川奈波さんが紹介します。

乾杯メニュー「芋炊き」

今回の青空レストランで乾杯メニューに選べばれたのが媛県の秋の風物詩ともなってる「芋炊き(いもたき)」です。

出汁や具材は家庭により異なります。

今回の乾杯メニューで使われる出汁は鯛だし醤油が使われます。

「姫かぐや」が買えるのはどこ?販売店や直売店は?

「姫かぐや」は、JAおちいまばり(越智今治農業協同組合)の直売所「さいさいきて屋」で購入可です。

また、併設のカフェ「SAISAICAFE(サイサイカフェ)」でも「姫かぐや」メニューが登場する事も有ります。

【店名】さいさいきて屋
【TEL】0898-33-3131
【住所】〒794-0840 愛媛県今治市中寺279-1
【営業時間(直売)】9:00~18:00
【定休日/直売】1月1日~1月3日

【店名】SAISAICAFE(サイサイカフェ
【TEL】0898-35-3671
【住所】〒794-0840 愛媛県今治市中寺279-1
【営業時間(SAISAICAFE(サイサイカフェ)】9:00~18:00
【営業時間(モーニングセット)】9:00~13:00
【定休日】1月1日~1月3日

【店名】彩菜食堂
【TEL】0898-35-3861
【住所】〒794-0840 愛媛県今治市中寺279-1
【客席】140席
【営業時間(ランチ)】11:00~15:00
【営業時間(夜)】17:00~19:00
【定休日/彩菜食堂】1月1日~3日・第3水曜日

「今治をまるごと食べる」がテーマの食堂です。

通販/お取り寄せ

今回の青空レストラン公式通販では

・愛媛県今治市 媛かぐやセット¥1,980 +消費税

※「伊予美人」と味比べができるセットです。

・愛媛県今治市 鯛だし醤油¥2,148 +消費税

の販売され、お取り寄せが可能です。

まとめ

☆ 筍芋(タケノコイモ・京いも)」と「唐芋(からいも・えびいも)」を交配された2010年(平成22年)に品種登録された里芋。
☆ 「媛かぐや」の名前は、一般公募より愛媛の「媛」とかぐや姫の「かぐや」の組み合わせで決定。
☆ 親芋は筍芋タイプで、長さが約30cm~50cmに成長する。
☆ 重さは約1~1.5kgを超える事もある。
☆ 親芋と子芋が食べられ主に筍の様な親芋が食される。
☆ 子芋と里芋の茎である紅色のズイキ(芋茎/ずいき)も食べられる。
☆ 旬は11月。
☆ 肉質は粉質で甘みがあり、一般に出回っている里芋に比べサツマイモに近い。

本日は最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク